シンガポール

【シンガポール フライヤー(Singapore Flyer) 】アジアで最も高い世界最大級の観覧車【空中ディナーがおすすめ】

こんにちは。@コマロンです。

シンガポールのマリーナベイにある、アジアで最も高い世界最大級の観覧車「シンガポールフライヤー(Singapore Flyer)」。

シンガポールに来たなら必ず寄りたい観光名所でもあり、シンガポール・フライヤーからは美しい夜景や美味しいディナーを味わうことができます。

日本では得られない充実した時間を過ごせますよ。

ここでは、シンガポール フライヤーの見どころや、営業時間、場所、おすすめツアーなどを紹介します。

シンガポールフライヤー(Singapore Flyer) とは

観光地 マリーナ・ベイの中心部にあるシンガポールフライヤー(Singapore Flyer)。

シンガポール・フライヤーの現時点で世界最大級の観覧車で最高地点では地上160mの高さまで上昇します。
42階建てのビルに匹敵する高さから眼下に広がる壮観な眺めは、必見です。

シンガポール川、ラッフルズ・プレース、 マーライオン公園、エンプレス・プレイス、パダンなどの名所・旧跡は、目の保養になるほど美しいものばかり。

朝から営業していますが、乗るなら夜景の見える夜がおすすめですね。

シンガポール市内の絶景を楽しみたいなら、おすすめの観光スポットのひとつ。

シンガポールフライヤー(Singapore Flyer):場所と行き方、営業時間

今回わたしが伺った『シンガポールフライヤー(Singapore Flyer)』の周辺地図は以下になります。

<シンガポールフライヤー(Singapore Flyer):最寄駅>

MRTプロムナード駅(Promenade)A出口から徒歩8分ほど。

マリーナベイサンズ側からアクセスする場合:歩行者専用のヘリックスブリッジかベイフロントアベニューの歩道を歩いて約15分ほど。

シンガポールフライヤーの南側にはリバークルーズの停留所もあるので、観覧車鑑賞の前後にリバークルーズに乗るプランもおすすめです。

人気ツアーリバークルーズ

<シンガポールフライヤー(Singapore Flyer):営業時間・定休日>

営業時間:午前8時30分~午後10時30分
(チケットカウンターの営業は午後10時まで)

定休日:なし

感想・レビュー

アジア最大の観覧車からの眺めは最高

シンガポール フライヤー(Singapore Flyer)の昼の景色

シンガポール フライヤー(Singapore Flyer)は、現時点でアジアで最も高い世界最大級の観覧車といわれ最高地点では地上160mもの高さまで上昇します。

シンガポール フライヤー(Singapore Flyer)の一番の魅力は、マリーナベイサンズホテルを始めとする美しいマリーナ地区の眺めと、シンガポールの高層ビル郡が立ち並ぶシティ側の景色が一望できるという点にあります。

運が良ければ、 チャンギ空港や セントーサ島 、マレーシアやインドネシアの一部など、45kmほど先にあるランドマークも見つけることができます。

シンガポールフライヤーの巨大ゴンドラは28人乗り、乗車時間は30分。

ゴンドラ最大許容人数は28人

1つのゴンドラに最大許容人数は28人

エアコン完備で快適にシンガポールの街並みを眺めることができました。

ドラム缶を横にしたような形のゴンドラが、1周するのになんと30分の乗車時間を要します

搭乗する人は外国からの観光客がメインなっていて、団体ツアーがいる場合もチケットはまとめて購入するのでチケット窓口の購入は混雑しませんが、乗るところは団体の度合い次第によって異なります。

当たり前ですが、ゴンドラにはトイレはないので乗車前に済ませておくのが重要です。

逆に言うと、30分の乗車時間という時間が経過とともにいろいろな表情のシンガポールの絶景を楽しめるので、忘れられない旅の思い出にもなります。

目の前に広がる360℃の大パノラマの壮大な景色は、シンガポールの旅行・観光気分を一気に最高のものにしてくれます!

空中レストランツアーがおすすめ

空中レストランツアー
シンガポール フライヤーのゴンドラに乗りながらディナーが楽しめる、とっておきの空中レストランツアーは、デートや女子会、家族とのディナーにおすすめ。

アジアで最も高い世界最大級の観覧車で、美味しいお食事、カクテルやシャンパンは最高です。

シンガポールのお土産話にいかがでしょうか。

人気ツアー「シンガポールフライヤー」でのフルコースディナー!

まとめ

シンガポール フライヤー(Singapore Flyer) の夜景

料金は少し高いですが乗る価値はあると思います。

ゴールデンウィークや、夏休みなど長期休暇などの混み合ってる時期でなければグループごとにゴンドラに乗れます。

とはいえ、わたしも乗った際に他のグループと乗合に乗りましたが、どの方角も歩き回って写真撮れるので、たくさん写真を撮る方には非常に良い環境だと思います。

お金に余裕のある方は、雰囲気抜群のディナー付きのツアーがおすすめです。

特に、夕方から夜にかけての夕焼けや夜景は必見です。

シンガポールの日没は一年を通して19時ですので、19時頃からがベストな乗車時間だと思います。

19:45からのOCBCガーデンラプソディーや、20:00からのSECTRAのナイトショーが始まる時間が個人的にベストです。

[clink url=”https://traveljin.jp/spectra/”]


☆シンガポールフライヤー(Singapore Flyer)
住所:30 Raffles Avenue, Singapore 039803
公式サイト:シンガポール・フライヤー – Visit Singapore 公式サイト