シンガポール

【最高10万ドル】シンガポール旅行・観光前に必読の「厳しすぎる罰金制度」まとめ【郷に入れば郷に従え】

こんにちは。@コマロンです。

シンガポールの罰金制度はかなり厳しく、数々の刑事罰があります。

ゴミのポイ捨てやチューインガムの持ち込み、公衆トイレで水を流さないだけで罰金といった意外な罰則もあります。

「郷に入れば郷に従え」という諺(ことわざ)があるように、自国の常識も、他国では非常識となりえます。

シンガポール旅行・観光で訪れる際には「知らなかった」では済まされません。日本で当たり前にやっていることがシンガポールでは罰金の対象になってしまう恐れがあるのです。

気をつけるべき罰金の対象をここで学んで、シンガポールでの旅行を問題なく楽しみましょう!

シンガポール旅行・観光の際に気をつけたい罰金一覧

シンガポールにある多くの罰金制度のうち、旅行・観光の際に気をつけたい代表的な罰金一覧をまとめていきます。

  • 横断歩道・歩道橋を利用せず道路を横断
  • チューイングガムの持ち込み
  • MRT(電車)内での飲食など
  • 未申告でのタバコの持ち込み
  • 喫煙エリア以外での喫煙
  • 鳥へのエサやり
  • 公共のトイレ使用後の水の流し忘れ
  • ゴミのポイ捨て、ツバや痰を吐いた場合
  • 深夜10時半から朝7時まで屋外での飲酒

以上が、代表的な罰則となります。

横断歩道・歩道橋を利用せず道路を横断

横断歩道・歩道橋を利用せず道路を横断

日本でもよく見られる行為ですが、横断歩道のない車道(道路)を横断するのも罰金の対象となります。

運悪く警察に見られてしまうと、逮捕されます。

  • 初犯の場合の罰金:20~50ドル
  • 再犯を繰り返すした場合の罰金:最大2,000ドル

個人の命を大事にする上でも交通ルールを守って、渡りましょう。

ゴミのポイ捨て、ツバや痰を吐いた場合

ゴミのポイ捨て、ツバや痰を吐いた場合

ゴミのポイ捨てやつばの吐き捨てなど、日本でもやってはいけない行為ですが、シンガポールの場合では罰金刑となります。

  • 初犯の罰金:最高1,000シンガポールドルの罰金
  • 再犯の罰金:最高2,000シンガポールドルに加えて、公共の施設などでの清掃活動

の刑が科される場合があります。

※2019年7月現在、1ドルあたり約79円です。

チューイングガムの持ち込み

チューイングガムの持ち込み

2004年以降、シンガポール国内では一部の製品を除きチューインガムの輸入及び販売が禁止されているため、チューインガムを持ち込むだけで罰金の対象になります。

シンガポールの観光地や市街地は、日本のように道端にゴミやタバコの吸い殻もほとんどなく、綺麗に保たれています。

その理由は上記のゴミ捨て禁止や、ガムの吐き捨てが少ないのは罰金刑があるからです。

チューインガムの持ち込みした場合の罰金;最大10,000ドル

MRTの中での飲食

MRTの中での飲食

シンガポールでは、MRT(電車)の中で飲食をする行為は、罰金の対象となります。

食べるだけでなく、ジュースやお水などを飲むことも禁止されているので、注意が必要です。

子供にお菓子などの食べ物を電車で与えるのも罰金となるため電車を利用する際は避けておくのがいいですね。

電車内飲食をした場合の罰金:最大1,000ドル

未申告でのタバコの持ち込み

未申告でのタバコの持ち込み

シンガポールでは、タバコの免税は無く、タバコ一本から関税が課せられるので、税関申告していないタバコは要注意です。

税関で支払わないと高額の追徴金を請求されてしまいます。

シンガポール国税関の公式サイトによると、1本あたり42.7セントです。

シンガポールにタバコを持ち込む際は、関税支払い証明書として、レシートをしっかり保管しておきましょう!

また、電子タバコの所持も禁止となります。

未申告でのタバコの持ち込んだ場合の罰金:最大100,000ドル

喫煙エリア以外での喫煙

喫煙エリア以外での喫煙

シンガポールでは喫煙禁止エリアが多く、タバコを吸われる方にとって辛いですね。

禁煙だとされる場所の例は、以下の通りです。

  • 地下鉄内全域
  • 屋内(レストラン・デパートなど)
  • ショッピングセンターの周辺

日本でも同じことが言えますが、喫煙エリア以外では絶対に吸わないでください。

仮に喫煙禁止の場所で吸ってしまった場合、罰金も高額ですよ。

もちろん吸い殻のポイ捨ても罰金となるためマナーはきちんと守りましょう。

喫煙エリア以外での喫煙した場合の罰金:最高1,000ドル

鳥への餌やり

鳥への餌やり

日本では公園や駅前などで鳩への餌やりをよくしている人を見かけますが、こちらもシンガポールでは罰金となります。

街の衛生を保つため鳥の餌をやりは迷惑行為となります。お菓子やパンなど持っていたら、やってしまいそうですがこちらも忘れてずに注意してください。

上記の電車内での飲食についてもそうですが、子連れの場合は、子供にも注意して見てあげることが大切です。

野鳥への餌やりをした場合の罰金:最高500ドル

公共のトイレ使用後の水の流し忘れ

公共のトイレ使用後の水の流し忘れ

衛生面での配慮なのか、公共のトイレで水を流さない行為についても罰金があります。

公共のトイレ内で水を流さないことを警察が確認するのか?という疑問もありますが、シンガポールでは実際に、公共のトイレに警察官が巡回しています!

くれぐれも公共のトイレを利用した後は、水の流し忘れに注意しましょう。

日本でもよく、トイレで水を流し忘れる人がいますからね。

公衆トイレの水を流さない場合:最大1,000ドル

深夜10時半から朝7時まで屋外での飲酒

深夜10時半から朝7時まで屋外での飲酒

夜(深夜10時半~朝7時)の公の屋外での飲酒も禁止されています。

酒類規制法にあたり、コンビニやお酒を扱う販売店での、深夜10時半から朝7時までの間のアルコール類の販売が禁止されています。(※空港免税店などは除く)

実際にわたしも、コンビニに行ったら、購入することができないようになっていました!

初犯の罰金:最高1,000ドル
再犯の罰金:最高2,000ドル、または禁錮刑3か月

バーやパブ、レストランなどお店での飲酒やホテル内での飲酒は大丈夫です。

【まとめ】シンガポールの罰金制度が厳しい理由

シンガポールは、英語・中国語・マレー語・タミル語と、公用語が4つも設定されている多民族国家であるという背景があります。

シンガポールでは華僑(中国系)が多く、英語がメインですが中国語など様々な言語が普及している国です。

これらの多くの民族を統制するためにも、多くの罰金制度があり刑事罰が厳しくなっています。

旅行者ももちろんルールを守らなかった場合、罰金を払わなければなりません。

「知らなかった!」では済まされないのです。

特に今回紹介した罰則の中で気をつけたいのが、

  • チューイングガムの持ち込み
  • タバコの未申告での持ち込み
  • MRT(電車)内での飲食
  • 鳥へのエサやり

の4つの禁止事項です。

罰金が発生する他の禁止事項は、基本的にマナーを守っていれば旅行・観光の際中には問題ないと思いますが、この4つは日本でよく見かける行為ですので注意して下さい。

逆に言うと、これだけ法制度が整っている為、シンガポールの街並みが綺麗に保たれ、世界的にも治安が良いのです。

シンガポール旅行・観光の際には、日本人を代表しているという意識を持ってマナーに気を使うことを心がけましょう。

その他にも、シンガポールの旅行・観光の際に知っておくと役立つ情報を特集していますので、参考にして頂ければと思います。

↓知って得するシンガポール旅行の基礎知識

[clink url=”https://traveljin.jp/singapore-language/”]

[clink url=”https://traveljin.jp/singapore-weather-dress/”]

RELATED POST