ベトナム

ベトナムのなかでも最も暑い!ホーチミンの天気&服装について【結論:ベスト旅行シーズンは乾季】

こんにちは。@コマロンです。

ベトナムの中心都市であるホーチミンは、細長い国土の最南部に位置しています。

年間35万人の日本人旅行客が訪れるベトナム最大の観光エリアで、季節は大きく雨季と乾季に分かれています。

今回は、ホーチミン旅行の前に知っておきたい、天気は?雨は?気温は?そして滞在中の服装やそれに伴う必須の持ち物を紹介します。

また、旅行時期で迷われている方向けに、ホーチミン旅行のベストシーズンも解説します。

季節と気候の特徴

ホーチミンの季節と気候の特徴

ホーチミンはベトナムの中でも最も暑く、モンスーン気候に属し1年を通して「乾季」と「雨季」に区別されます。

  • 乾季:11月~4月
  • 雨季:5月~10月

ホーチミンの年間の気候の推移を以下の表でまとめてみました。

ホーチミンの1年間の気温・雨量

ホーチミン 最高気温℃ 最低気温℃ 雨量mm
1月 32℃ 22℃ 6mm
2月 33℃ 23℃ 4mm
3月 34℃ 25℃ 14mm
4月 35℃ 26℃ 42mm
5月 34℃ 26℃ 139mm
6月 33℃ 25℃ 510mm
7月 32℃ 25℃ 205mm
8月 32℃ 25℃ 187mm
9月 32℃ 25℃ 178mm
10月 31℃ 24℃ 222mm
11月 32℃ 23℃ 89mm
12月 31℃ 22℃ 24mm

年間の平均気温は26°C。1年を通して気温差は小さく、25°C~30°Cで推移しています。

乾季=暑い、雨季=寒いとはならず、雨季の時期であっても、基本は30度を超える暑さとなります。

乾季: 11月~4月

雨が少なくり湿度もぐっと下がるため、気温が上がっても過ごしやすいこの時期。

1年を通じて気温差が変化しないのがホーチミンの気候の特徴。

それでも1月~2月には、朝晩は涼しくなり20°Cくらいまで下がります。日本の初秋のようなさわやかさを感じられるかもしれません。

乾季といっても、たまにスコールは降ります。

そんな時はカフェやショッピングセンターで一休みして、雨が去っていくのを待ちましょう。

4月になると、雨が徐々に増え始め、気温もぐっと上がり湿度が高くなってきます。

雨季: 5月~10月

毎日、雨が降りスコールに襲われることも少なくありません。

とはいえ、ずっと降り続くことはほとんどありませんので安心してください。

中でも4月~5月は年間でも気温が一番高く日差しも強烈です。

湿度も高くてねっとりと肌にまとわりつくような蒸し暑い日が続きます。

雨量が多いのは6月~9月の間です。10月に入ると雨量も減ってきて、少しずつ乾季に近づいていきます。

雨季の期間を通して湿度は高く、気温もかなり高いので、水分補給や日差し対策なども気にかけておきたいところです。

ベスト旅行シーズン: 乾季

ベスト旅行シーズンは乾季

夏休みのシーズンは雨季(5月~10月)と重なり、雨の多い時期となります。

雨季の出口の11月は、雨降りの日は少なくなりますが、雨が一日中続くことがあり、一時的にスコールのように降ったり止んだりを繰り返しますので、ご注意ください。

 乾期の中でも1月と2月がおすすめ

ホーチミン旅行のベストシーズンは、湿度も低い乾季にあたる12月~4月。
乾期の中でも1月と2月がもっともおすすめ。
3月~4月は非常に暑いので、メコン川のジャングルクルーズや、クチトンネルなどのアウトドアを楽しむツアーは体力を奪われます。
なので、1月または2月が比較的過ごしやすいです。

ただし、この時期は例年テト(旧正月)と重なります。ベトナムは旧正月で祝うので、毎年暦が変わることに注意が必要です。

休暇の期間は毎年変わりますが、2019年は2月2日~2月10日の9日間。

なお、元旦は2月5日となっています。

服装

男性の服装

基本的には、日本の7月下旬~8月の格好で大丈夫です。

 おすすめの服装:Tシャツ、ジーンズ、ショルダーバッグ

ベトナムではスリが多く、前掛けができるショルダーバッグが重宝します。

ベトナムはべとつく暑さですので、汗ジミが気になる方はインナーシャツを着るのもいいでしょう。

女性の服装

女性はワンピース、ノースリーブでも問題ありません。

しかし、バイクタクシーやレンタルバイクに乗る可能性がある方は、スカートは避けましょう。

 セクハラの危険性も!

バイクタクシーはセクハラの危険性も!

バイクタクシーはセクハラの危険性もあります。

バイクタクシーでのトラブルも多数報告されていて、キスを迫られたり、手を握ってきたりとセクハラまがいのことをする運転手もいるようなので、女性は要注意です。

バイクタクシーに乗る際は、十分に注意しましょう。

 ミニスカートも微妙・・・

ミニスカートも

また、ミニスカートもおすすめしません。

ベトナムではバイクに乗ることが多いためか、旅行中ミニスカートを履いている女性は見かけませんでした。

ホーチミンではミニスカートは一般的ではないため売春婦と勘違いされます。
男が寄ってくるので注意が必要です。

よって、女性の方はパンツスタイルやワンピースなどの長い丈のスカートをおすすめします。

必須の持ち物

折りたたみ傘・レインコート

晴れているのに、突然のスコールが降る(雷も!)ことが多々あります。

ホーチミンでも傘は売っていますが、常に常備できる折りたたみ傘が必須です。

また使い捨てのレインコートがあれば、観光時に両手が空くので便利です。

折りたたみ傘・レインコート

カーディガン・ジャケット

カフェ、レストラン、ショッピングセンターといった商業施設では、店内では冷房がかなり強めに効いています。

1年中常夏のため、防寒対策は必要ないですが、女性・男性ともに、カーディガンやジャケットがあると便利です。

カーディガン・ジャケット

サングラス・帽子

ベトナムの日差しはかなり強烈で、日本よりも紫外線量が1.5倍~3倍程度多いとも言われており、紫外線対策は必須です。

目を保護するサングラス・帽子を持っていくと便利です。

ちなみに、現在ベトナムでは美白がブームで、若者をはじめ、多くのベトナム人はやりすぎとも思えるほどの紫外線対策を講じています。

短期間の滞在であっても、日焼け対策を怠ると露出していた肌は帰国時にはこんがりと焼けますよ。

サングラス・帽子

マスク

ハノイやホーチミンなどのベトナムの都市部は、とにかくバイクの数がすごいです。

交通渋滞も日常茶飯事で、未舗装な道路もあり舞い上がるホコリもあるため、排気ガスによる大気汚染が問題視されています。

わたしも鼻炎持ちなのですが、滞在1日目から、すでに鼻に違和感を感じました。

ベトナムにもコンビニなどでマスクは売ってますが、日本で買う方が性能も高く安いので、持参するのもアリです。

マスク

携帯用蚊取り線香・虫除けスプレー

メコンデルタ・クチトンネルへ行かれる方はマラニアに要注意です。

携帯用蚊取り線香・虫除けスプレーの用意を忘れずに持っていきましょう。

以前ニュースでも話題になったデング熱を持った蚊もいると言われており、対策はとっておいた方がいいでしょう。

ベトナムでも虫除けスプレーは安く買えますが、匂いはきつめです。

気になる人は、日本製のものを持って行くといです。

携帯用蚊取り線香・虫除けスプレー

着替え

観光中は体中の毛穴から汗が噴き出します。

着替えを多めに持参することをお勧めします。

Tシャツが足りなくなった際には、ベンタイン市場などでも購入することができます。

Tシャツ

汗拭きタオル・シート

気持ちよさを重視した汗ふきシートやメイク落としでも大丈夫ですが、どんなに冷やしても暑いし汗が止まらないです。

わたしは汗っかきなので、汗ふきシートでは間に合わず、諦めてホテルのタオルなどで対応しました。

汗拭きタオル・シート


上記があれば安心です。

忘れたときにはたいていのものは市場で購入できるので、焦らなくて大丈夫です。

服装に気をつけなければいけない場所

ベトナムに滞在中、特別に服装に気をつけなければいけない場所もあるので注意が必要です。

以下のような場所は、旅行者といえどガイドブックなどをよく見てマナー違反をなくしましょう。

  • お寺
  • お墓
  • 高級レストラン
  • バー

とはいえ、個人的な感想としてはベトナムではあまり服装に制限のかかる場所というのはなかったように思えます。

お寺やお墓などの宗教施設

旅行者が服装に気をつけなければいけない場所に、仏教寺院や皇帝墓所などがあります。

仏教や土着信仰など、ベトナムの宗教との関わりが強い場所では、極端に肌を見せるノースリーブやミニスカート、ショートパンツなどの服装は避けたほうが賢明です。

高級レストランやバー

高級レストランやバーなどでも他の国同様にドレスコードは設けられているところはあります。

とはいえ、高級レストランと言われる場所に何度か行きましたが、服装に関して厳しい印象はありませんでした。

男性は上半身はポロシャツやTシャツなどの半袖でも問題なく、長ズボンと靴を適用しておけば大丈夫。

女性の場合、ワンピースやノースリーブで大丈夫です。