ベトナム

【治安・危険について】ホーチミン(ベトナム)の犯罪と防犯対策まとめ

こんにちは。@コマロンです。

海外旅行において、旅行先の治安状況をググるのは必須です。

特に近年は世界各国ではテロの危険性もあり、中近東や欧米は危険エリアでもあり、外務省や旅行会社が危険視する国への渡航は控えましょう。

今回は、ホーチミン(ベトナム)の犯罪と防犯対策についてまとめてみました。

観光中の注意点やよくあるトラブル事例、治安が悪いと言われるエリアについて解説します。

また安全なタクシーの選び方や、被害にあった場合の緊急時の連絡先についてもまとめたので、ホーチミン(ベトナム)旅行前にしっかりチェックしておきましょう。

ホーチミンの治安・危険情報

ホーチミンの治安

ベトナムは社会主義国家でもある

ベトナムは社会主義のため、犯罪を犯すと厳しい監視下のもとかなり重たい刑を科せられます。

ですので、殺人やテロなど凶悪な事件が町中で発生するのは極々少数です。

ベトナムの治安は良好

ホーチミンに限らず、ベトナムは世界的に見ても「基本的には治安は良い国」です。

日本のように女性の一人歩きもできますし、バスに乗っていたら突然バスジャックされたり、銃を突きつけられて恐喝されることもありません。

危険エリアというのはありますが、観光客が多い1区市街地であれば、日本人とすれ違うことも多く夜の女性の一人歩きもできます。

ホーチミン観光のメインエリアとなる1区の主なエリア

  • ドンコイ通り
  • グエンフエ通り
  • レロイ&レライ通り
  • パスター通り
  • ハムギー通り
  • レタントン通り
  • ハイバーチュン通り
  • グエンティミンカイ通り
  • レユアン通り

このエリアの治安はとても良く、また深夜営業しているカフェやレストランも多いので、夜遅くまで現地人や旅行客で常にぎわっています。

ベトナムのお店は遅くとも深夜22時~24時で閉店しますが、近年では深夜2時頃まで営業しているお店も増えてきました。

わたしもベトナム旅行に行った際に、犯罪に巻き込まれるようなことはありませんでした。

とはいえ、ガイドブックなどにも書いてあるように「気軽に話しかけてくるベトナム人についていってはいけない」、「買春には手を出さない」、「お財布をズボンのポケットや、細い紐のポーチには入れておかない」といった注意事項は肝に銘じておかなければなりません。

ここは日本ではなく、外国であるということを、いまいちど認識しておきましょう。

油断は禁物。危険エリアもあります!

これは世界共通して言えることで、100%安全で犯罪がない国は存在しません。

日本を例に挙げると、新宿の歌舞伎町など治安は良いとは言えませんよね。

それと同じで、ベトナムでも各都市に危険地域というのはあり、そこには現地のベトナム人も用がない限りは近づこうとはしません。

旅行者もここで解説するエリアには、スリや置き引きなどの軽犯罪が多発しているため、特段用事がない限りは行くのは注意は必要です。

旅行前に海外情報をチェックしておくべきこと

ホーチミンでは、詐欺やぼったくり手口も年々巧妙化しています。

旅行前に海外情報を前もってチェックしておくことも大切です。

以下の2つのサイトは役に立ちます。

外務省の海外安全情報

そんな時は、外務省の海外安全情報がおすすめです。

海外にある大使館・総領事館から寄せられる現地の治安・安全情報を基に、ホームページにより各種情報を提供しているため信頼は絶大です。

たびレジもおすすめ

また、外務省は「たびレジ」への登録も推奨しています。

旅行日程、滞在先、連絡先などを登録しておくことで、渡航先の最新の安全情報をチェックすることができます。

緊急時にもメールや電話で海外安全情報を、日本語で受信できる無料配信サービスです。

無料サービスですので、登録しておいて損はないです。

わたしは「ばったくり」に遭いました・・・

先ほど、ベトナムは治安は良好と述べていましたが、ベトナムはまだまだ発展途上国ということもあり、軽犯罪は多発しています。

わたしも今回の旅で、「ぼったくり」に遭ったのも事実としてあり注意しなければなりません。

ホーチミンで「ぼったくり」に遭った流れは下記記事にまとめまてます。

ホーチミン空港でぼったくり「タクシー」被害【対処法:Grab一択】

皆さんも、わたしのようにターゲットにならないように願うばかりです・・・。

ホーチミンで多いトラブル&対処法

ホーチミンで「ぼったくり」に遭ったわたしが、よくある犯罪と防犯対策を以下でまとめてみたので参考にしてください。

観光中に多いトラブル

両替、お釣り詐欺

両替、お釣り詐欺

旅行中、提示された金額があっているかどうかを判断するのに時間がかかることが多々あります。

このことを商売人は付け狙って、両替やお釣りの桁数をわざと間違えて高く請求してくる場合があります。

相手の言うことに流されないように、落ち着いて対処しましょう。

対処法は以下より。

  • 両替の金額を紙に書くこと。
  • お釣りをしっかり計算しておくこと。

が必要です。

ベトナムではレストランなど、テーブルチャージが基本となるのでVDN(ベトナムドン)慣れておくと便利です。

 ベトナムドン(VND)の計算方法

0を2つとって半分にする

0を3つとって5をかける

(例)500000ドン→5000→5000÷2 =2500円

このように計算すると楽です。

ひったくり

バイク2人乗りの犯人が多く、無防備にバックやポーチを持っていると後ろから狙われます。

歩いている時だけでなく、バイクに乗っている時にすれ違いざまに狙われることもあるので注意です。

対策は以下より。

  • 現金は小分けにする。
  • ショルダーバッグを用意。
  • 時計などの高級品は持っていかない。

荷物をできるだけ軽くし貴重品はショルダーバッグに全て収めましょう。

スリ

スリ

スリが発生する場所は、人の多い通りや施設内が主です。

バックパッカー街と言われるファングーラオエリアや、ホーチミン最大の市場ベンタイン市場は特に危険です。

午後になると大勢の人で溢れるので注意しましょう。

  • スマホをいじっている時
  • カメラで街中を写真を撮っている時
  • 会話に夢中になっている時

が主に財布をスられる事例です。

置き引き

よくあるのがタクシーによる置き引き被害です。
過去にこんな事例があります。

  • トイレを我慢できず、タクシーを一旦止め荷物を置いてトイレへ行ったら、荷物を乗せたままそのまま走り去ってしまった。
  • レストランでトイレへ席を外した一瞬の隙に荷物を取られた。

といった事例があります。

旅行中は1人行動を避け、なるべく2人以上で行動し荷物は誰かが見ているようにしましょう。

1人旅行の場合は、手荷物は持たずショルダーバッグを持つことがが賢明。

移動中に多いトラブル

ぼったくり

タクシー

タクシーやバイクタクシーのぼったくりに注意が必要です。

特にバイクタクシーは、バイク免許のある個人が商売にしているだけなので、おすすめはしません。

タクシートラブルとしては、ガイドだと偽って市内を案内して高額請求をしたり、違うホテルに案内したり、という事例があります。

通常に案内をしたとしても、金額を1桁多くする、メーターを回さないで高額請求をするなどの悪質な業者がいます。

こういったことを避けるために、

  • 空港提供のタクシー受付を利用する
  • ホテル側でタクシーを手配してもらう
  • 乗車の際にメーターが正常に動いているかを確認

などの対策が考えられます。

トラブルが少ないとされているタクシー会社は、車体が白の「VINASUN(ヴィナサン)」と緑の「MAI LINH(マイリン)」の2社です。

車体を見て確認すると良いのですが、この2社を装った業者もいるので見極めるのはなかなか難しいです。

個人的な結論としては、「タクシーでぼったくりを避けるにはタクシー配車アプリを使う」の一択です。

タクシー配車アプリは、東南アジアですと、Grabが最強です。

ホーチミンで治安が悪いとされる危険エリア

ホーチミンで治安が悪いとされる危険エリア

特別に治安が悪い場所はどこということはありませんが、夜遅くや早朝、人気のない裏路地などは要注意です。

夜の女性の一人歩きなどは避けましょう。

ホーチミンにの主に治安の悪い危険地区&エリアは下記。

  • ベンタイン市場
  • ファングーラオエリア(1区)
  • チョロン(中華街)
  • ローカルエリア(4区、8区)

上記エリアへ行く場合は、特に注意が必要です。

そのほかの代表エリアでも気になるトラブルや安全対策もあわせてご紹介いたします。

ベンタイン市場

屋台のような店が雑多に立ち並ぶ、ホーチミンで一番大きな市場です。

それだけに、観光客用に値段を通常よりも高く提示してきます。

物価が安いホーチミンではこのようなことは当たり前ですので、恐れずに価格交渉しましょう。

買い物に夢中になっている時のスリやひったくりにはもちろん注意です。

ベンタイン市場の記事はこちら

チョロン(中華街)

チョロンはベトナム最大の中華街で、ベトナムに住む華僑の8割がこのエリアに住んでいると言われています。

観光客向けのエリアはほぼ個人商店で、深夜にはお店は開いていません。

人気のない場所ではスリやひったくりが多く、恐喝や風俗の勧誘に遭った事例もあります。

中国寺院やカトリック教会への観光をするなら昼間に済ませるか、ツアーをおすすめします。

ファングーラオ(バックパッカー街)

ファングーラオはバックパッカー街と言われるように、多国籍、多人種の外国人が集まる場所ですので、自然と治安は悪くなりがちです。

安宿や格安で食べられる多国籍レストランなど見所もありますが、喧嘩、賭博、ドラッグ(薬物)、売春等が蔓延しています。

薬物も売春もベトナムでは違法なので、声をかけられてもついて行かないようにしましょう。

観光をするなら昼間に済ませ、夜間に女性が一人歩きするのは控えた方がよいでしょう。

ローカルエリア(4区、7区、8区)

4区

ホーチミン博物館やサイゴン川周遊クルーズ船があるあたりは観光エリアですが、奥に進むとローカルエリアになり住宅街が広がります。

ガイドブックにも掲載されていない、ベトナムらしさを感じる穴場スポット。

現地の人でも治安が悪いというエリアです。夜はひったくりが多く、空き巣も多いようなエリアです。

7区、8区

7区には、日本人学校もあり、フーミンフンという高級マンションやコンドミニアムが立ち並ぶエリアで、日本人在住者が多く住んでいます。

このエリアの治安は良いですが、それ以外の7区の治安は悪く、4区と同じように現地の人も危険と言うエリアです。

8区は盗難も多発しており、夜になると通りは途端に人の気配が少なくなります。

また倉庫が並ぶコンテナエリアでは麻薬の密売が行われているなど黒い噂が絶えません。

強盗、空き巣も多発していて、特に観光名所もないので、理由がない限りは立ち寄らないほうがよいでしょう。

トラブルに巻き込まれたら:緊急時の連絡先

いくら注意していたとしても、普段の生活からは想像できない出来事がたくさんあります。

旅行の楽しさや疲れから隙が生まれてしまい、トラブルに巻き込まれることもあります。

もしもの為に、緊急時の連絡先や対処法を心得ておきましょう。

盗難・紛失の対処法

何らかのトラブルに巻き込まれてしまった場合は、まず「在ホーチミン日本国総領事館」へ向かいましょう。

入館するためにはパスポートが必要となりますが、パスポートも盗まれてしまっている場合はその旨をスタッフに伝えてください。

英語が話せない方も、日本人もしくは日本語の話せるベトナム人スタッフが常にいるので、安心してください。

もしもの時のために、旅行前に住所や電話番号をメモをしておき、余裕があれば現地に着いてから場所を確認しておきましょう。

緊急時の連絡先一覧

何かトラブルに巻き込まれた際は、叫ぶことはできますが、追いかけると、凶器を所持している可能性もありうるし、交通事故に遭うなどの二次被害に遭う可能性もあるので、むやみに追いかけないで下さい。

被害にあってしまったら、状況に応じて以下の機関に電話し相談しましょう。

ぼったくりタクシーにあったら、ナンバーを覚えてくことも忘れずに。

警察 113
ホーチミン市警察 028-38387344
ハノイ市警察 024-39424244
救急車 115
在ベトナム日本国大使館(ハノイ) 024-38463000
在ホーチミン日本国総領事館 028-39333510

ホーチミンの治安・危険情報まとめ:実際に体験したおすすめツアー

チョロン

近い将来「ホーチミンメトロ(地下鉄)」が完成したら、シンガポールや東京のようにさらに発展することが期待されています。

また、自然だけでなく、人材の潜在力がも高くホーチミンはとても魅力的な街です。

とはいえ、まだまだベトナムは発展途上国ではあるので、安全に楽しめるかどうか不安に思う方もいると思います。

 公用語はベトナム語、英語も通じない可能性も・・・

高級レストランですと英語も比較的通じますが、公用語はベトナム語となっていて、普街中にある飲食店に行くとまったく英語も日本語も話せない環境も多いのも現状です。

もしもの場合があるため、お金に余裕がある方はオプショナルツアーをつけると心強いので、おすすめです。

→「ディープなホーチミン市内観光ツアー」などのツアーが用意されています。

ちなみにこのツアーは、【チョロン+ビンタイ市場+ティエンハウ寺】とホーチミンの中でも勇気のいる入り込めないディープなエリアの観光を楽しめるのでおすすめです。(午後と午前と2つのコースを選べます。)

専属の日本語ガイドと車でのホテル送迎付きで、タクシーでのぼったくりを心配する必要がありません。

ぜひ、選択肢の1つとして検討してみてください。