カトン

【Birds of Paradise Gelato Boutique】シンガポール・カトンで大人気のボタニカル・ジェラート【インスタ映えスイーツ】

こんにちは。@コマロンです。

シンガポール・カトンで大人気のボタニカル・ジェラートのお店『バーズ・オブ・パラダイス・ジェラード・ブティック(Birds of Paradise Gelato Boutique)』へ。

マリーナベイサンズやオーチャード等の都心部からは少し離れてしまいますが・・・

プラナカン文化が色濃く残るの「カトン」地区には、メインストリートの「イースト・コースト・ロード」を中心に、ローカル料理やプラナカン料理、プラナカン雑貨のお店などが軒を連ねます。

フォトジェニックな建物や、色とりどりの雑貨など、キュートなものに溢れていて、女子旅に人気No.1のエリアです。

わたしが訪問した際にも、カメラを持った女性観光客の方がたくさんいらっしゃいました。

都心部よりリーズナブルで、タクシーやバスです~ぐ行けちゃうのも魅力的です。

今回は、カトンで話題の自然派ジェラートの紹介となります!!

ボタニカル・ジェラート
元エンジニアのシンガポールの男性がオープンさせた、おしゃれなジェラートブティック。
スパイスやハーブを使った約15種類のボタニカル・ジェラートが揃うカトン地区の人気スイーツのお店。

ということで、バーズ・オブ・パラダイス・ジェラード・ブティック(Birds of Paradise Gelato Boutique)の名物スイーツ「ボタニカル・ジェラート」を食べてきたので、その紹介と感想をまとめます。

また、店舗の基本情報はこちらを参考にして頂ければと幸いです。

Birds of Paradise Gelato Boutique の店舗情報

バーズ・オブ・パラダイス・ジェラード・ブティック(Birds of Paradise Gelato Boutique) :場所と行き方、営業時間

今回わたしが伺った『バーズ・オブ・パラダイス・ジェラード・ブティック(Birds of Paradise Gelato Boutique)』の周辺地図は以下になります。

<バーズ・オブ・パラダイス・ジェラード・ブティック(Birds of Paradise Gelato Boutique) :最寄駅>

MRTの場合:パヤ レバー(Paya Lebar)駅より徒歩30分程の場所にあります。
「I12 Katong」を目指して向かうと着きます。

最寄りの駅から離れているので、タクシーまたは、バスでのお出かけがおすすめです。

中心部からタクシーで約20〜30分ほど。

タクシーの運転手には、「I12 Katong」に行きたいと伝えれば大丈夫です。

<バーズ・オブ・パラダイス・ジェラード・ブティック(Birds of Paradise Gelato Boutique) :営業時間・定休日>

営業時間:
【火曜日〜木曜日、日曜日】12:00-22:00
【金曜日・土曜日】12:00-22:30

休業日:
月曜日

バーズ・オブ・パラダイス・ジェラード・ブティック(Birds of Paradise Gelato Boutique) とは

植物の香りと味わいが広がるボタニカル・ジェラート

【Birds of Paradise Gelato Boutique(バーズ・オブ・パラダイス・ジェラード・ブティック)】は、自然の植物の香りを練り込んだボタニカル・フレーバーが特徴のジェラート専門店です。

カトン・エリアのプラナカンショップが並ぶイーストコースト通りに、2016年にオープンしました。

オリジナルレシピで作られた、新鮮なフルーツや花、ハーブやスパイスなどの自然の食材を使用したジェラートは、植物の香りと味わいが広がる不思議な味わいです。

シンガポールのインスタグラマー達の間でも「インスタ映えする!」と人気のスイーツ店です。

おすすめのフレーバー

人気メニューは「マンゴー(Mango Sorbet)」と「塩ほうじ茶(SEA-SALT HOJICHA)」。

東南アジアの料理におなじみのバジルや、ブルー・ジンジャーの芳醇な香りを楽しめるフレーバーも、珍しいのでぜひ試してみたい一品。

毎日、店内で手作りされている「タイムコーン(Thyme Cone)」と合わせていただくのがオススメです。

感想・レビュー

 お洒落な店内も見どころ満載

お洒落な店内も見どころ満載

最寄りに駅が無いため、宿泊先のホテル「マリーナ・ベイ・サンズ」から直接タクシーで向かいました。

タクシーの運転手には、「I12 Katong」に行きたいと伝えれば大丈夫です。(I12 Katong近辺に必食グルメが密集しているため)

シンプルな空間作りが素敵な店内

シンプルな空間作りが素敵な店内は、ローカルのお客様が途切れる事なく来店する人気ぶり。

こちらではジェラート、コーン共に店内で全て手作りしていて、ドアを開けた瞬間からワッフルコーンの甘〜い香りが充満しています。

ナチュラルな色合いのジャラートがずらり並び、ボタニカルからインスピレーションも受けているので、フレーバーもフルーツ、フラワー、ハーブなどの組み合わせで新鮮。

インスタなどのSNSで人気が広がり、現在では週末はお店の外に長蛇の列ができます。

イートインスペースは数人分のカウンターテーブルしかないので、基本的にが食べ歩きになります。

 手作りのコーンがおススメです!

Thyme Cone

そしてこちらはジェラートだけでなく、コーンにもこだわりがあります。

こちらのシグネチャーでもある「タイムコーン(Thyme Cone)」は、名前の通り、生地にタイムの葉が練り込まれています。

手作りコーン製造機

お客さんが途切れる都度、ジェラートのすぐ横の製造機で焼きたての手作りタイムコーンを作っていました。

カップもお洒落

カップもお洒落ですが、焼きたてサクサクの食感はやみつきになりますよ♪

注文の際には、カップとコーンを聞かれるので好みの方を選びましょう!

 困った時はテイスティングも

料金表もシンプルで見やすく、英語が苦手な観光客にも分かりやすいです。

シングルスクープが4.70ドル、ダブルスクープ7.70ドル、タイムコーンは+1ドルとなります。

15種類ほどのフレーバーがあり、珍しい味も多くて選ぶのに悩んじゃいます。

気になる味は気軽にテイスティングさせてくれます。

店員さんにおすすめを聞いたところ、「マンゴー(Mango Sorbet)」「塩ほうじ茶(SEA-SALT HOJICHA)」を勧められたので、カップとコーンの両方で注文。

 マンゴー(MANGO SORBET)

マンゴー(MANGO SORBET)

マンゴーそのままを食べているような自然の甘さでとても美味しかったです。

常夏の国シンガポールの暑い中で食べるジェラートは、さらに美味しく感じます。

また、Thyme Coneも甘さ控えめで食感もしっとりしていてジェラートにも合います。

 塩ほうじ茶(SEA-SALT HOJICHA)

塩ほうじ茶(SEA-SALT HOJICHA)

こちらも濃厚な味わいで、一口でほうじ茶のフレーバーが口の中に広がります。

塩っぽさもほんのりと感じて、とっても美味です!


他のフレーバーも美味しいのでぜひ試していただきたいです♡

まとめ

カトンラクサを食べた後のデザートに最適です♪

周辺の雰囲気とは異なり、可愛らしいお店がすぐ目に付きます。

店内はフォトジェニックなつくりでいかにも「インスタ映えする!」する感じです。

また、ジェラート、コーン共に店内で全て手作りしていて、ドアを開けた瞬間から香ばしい香りが立ち込めてとても食欲をそそります。

ジェラートは滑らかで素材の味も活かされていて美味しかったです。

スタッフの対応も親切で、観光客にも慣れていて、お客さんがひっきりなしに訪れるもイラッと感まったく出さずにテイスティングも皆にすすめていました。

ぜひ、カトンに来た際は、ラクサを食べてボタニカル・ジェラートを食べるのをおすすめします♪

美味しくて、かつ本格的なジェラートをシンガポールで食べられるところはなかなかありませんよ〜。

その他にも、シンガポールの旅行・観光の際に知っておくと役立つ情報を特集していますので、参考にして頂ければと思います。


☆Birds of Paradise Gelato Boutique
住所:63 East Coast Road #01-05, Singapore 428776
公式サイト: https://www.herenow.city/singapore/venue/birds-of-paradise/