ベトナム

【体験談】ベトナム旅行で「覚えておくと得する!」すぐ使えるベトナム語挨拶

こんにちは。@コマロンです。

世界中から多くの観光客が訪れるベトナムでは、ホテルやレストランでは英語で通じることが多いですが、やはりベトナム語で挨拶をトライしてみると、親近感をもってもらえます。

旅をより楽しくするためには、最低限、その国の言葉を知っていたほうが絶対いいです。

例えば、外国人が日本語で自分の気持ちを伝えてくれると、距離がぐっと近づき相手方も自分も嬉しくなりますよね。

最低限のベトナム語を覚えていた方が旅行もスムーズに進むので、ぜひ覚えていって下さいね。

ということで、ベトナム旅行を経験したわたしが、「覚えておくと得する!」旅行で使えるベトナム語挨拶をご紹介します。

よく使う!すぐ使えるベトナム語

1.Xin chào!(シンチャオ) /おはよう/こんにちは/こんばんは

朝昼晩、さようならまでいつでも使える便利なあいさつです。

簡単に覚えられるのですぐに使ってみてください。

実はローカルの会話では、「シンチャオ」は使われていません。

年齢の上下関係を重んじるベトナムでは、日本の敬語と同じような仕組みがあります。

  • Chao anh(チャオ アイン):年上の男性に対して使う言葉
  • Chao chi(チャオ チー):年上の女性に対して使う言葉
  • Chao em(チャオ エム):年下の男性と女性に使う言葉

「おはようございます」と堅く挨拶をするのと、「おはよう!」と軽いノリで挨拶するのと同じような感覚をベトナム人も持っています。

Chao Anh、 Chao Chiなどの、年齢による使い分けのされた挨拶を聞いたベトナム人は高い確率で喜んでくれます。

とはいえ、観光客であれば「シン・チャオ」で十分伝わります。

2.cám ơn(カムオン) /ありがとう

ベトナム語で【ありがとう】は、「カムオン」もしくは「カモン」と発音します。

英語の「come on」の発音にも似ていて、比較的発音しやすい言葉ですのでどんどん使いましょう!

ちなみに、「Cảm ơn」を漢字で書くと「感恩=感じる恩」です。

意味を知ると、割と日本を近くに感じますよね。

Em ơi!(エモーイ) /すみません!(訪ねる際に使う)

店員さんを呼ぶときに使います。在住者が一番初めに覚えるフレーズと言っても過言ではありません。

お店でもどこでも声をかける時は「エローイ!」で旅行中も問題なく過ごす事ができます。

正しくは「エモイ(em oi)」なのですが「エローイ」でも割と通じます。

 何事も伝えようとする意思が大事

ベトナム語の発音はとても難しいです。
正しく発音しようと考えずに、通じる発音で意図が伝われば良いのです。

Cho tôi cái này(チョ トイ カイ ナイ) /これをください

買い物する時や、レストランでメニューを頼むときに使えるフレーズです。

Bao nhiêu tiền?(バオニューティエン) /いくらですか?

ペンタイン市場など、メニュー表がないお店もありますので、いくらか聞いてから注文しましょう。

お土産を売っているような市場では価格交渉は当たり前なので、覚えておくと便利です。

ベンタイン市場で買い物するなら、値段交渉は必須であり醍醐味ですよ!

Ngon quá!(ンゴーン クア) /おいしい!

店員さんとコミュニケーションをとるのに、最も使います。

ベトナムにはフォーやバインセオやバインミーなど美味しい料理がたくさんあり、店員さんもきっと喜んでくれるでしょう。

ぜひベトナム料理の味に感動した際は、使ってみてください。

Nhà vệ sinh ở đâu?(ニャーベッシンオーダウ) /お手洗いはどこですか?

お手洗いはどこですか?

お店によっては衛生面であまり綺麗ではないところも多いのですが、緊急事態にも非常に便利に使える言葉ですので、このフレーズは覚えておくと良いです。

Tín tiền.(ティンティエン) /お会計をお願いします

お会計をお願いします

レストランで必ず使うフレーズです。

ベトナムでは席で支払うお店が多く、このフレーズは割と使います。

店員さんに呼びかけお会計をもらう際は「Em ơi, tín tiền(エムオーイ、ティンティエン)」と呼びかけてみてください。

 お会計のチェックも忘れずに!

お会計の際は、自分が注文したものとレシートが合っているかどうかよく確認しましょう。

Tôi muốnđi đến~(トイ モン ディ デン) /~に行きたいです

~に行きたいです

ベトナムでは電車が発達していないため、移動手段としてはタクシーがほとんどです。

タクシーに乗ったら行き先を告げる際に、地図を指差しながらぜひ使いたいフレーズですね。

「トイムオン=〜したい」で、「ディ=行く」です。

1, 2, 3, Gio!(モッ、ハーイ、バー、ヨー)/乾杯!

乾杯!

これは、覚えなくてもいいですがおまけ程度に。

友達との旅行の際に、お酒を飲んで盛り上がること間違いなしです。

個人的に、オススメのフレーズです。

まとめ

以上、ベトナム旅行を経験したわたしが、「覚えておくと得する!」旅行で使えるベトナム語挨拶でした。

いかがでしょうか?みなさんの旅行・観光が、以前よりももっと充実したものになることを祈っております。

ぜひこの記事を楽しいベトナム旅行に役立て、お土産屋さんでレストランで、ベトナム語の一言にトライしてみましょう!